ゲームクリエイターになるには学校へゴー【人脈作りにも役立ちます】

記事一覧

声の仕事に就こう

女性

学校を選ぶ注意点

様々な分野で活躍する声のお仕事を声優といいます。アニメ、映画の吹き替えから、ナレーター、ショッピングセンターの案内まで、多くの活躍場所があります。声優は国家資格ではありませんが、自らのスキルやマナーを学ぶ場所はたくさんあります。声優になるための第一歩として、スクールや学校を探すことが多いです。専門学校、スクール、養成所と様々な名前がありますが、その違いとしては、専門学校は、国の基準を満たし認定を受けた学校となります。技術や知識がまったくない状態でも、一から教えてもらえるのが専門学校です。そのため、カリキュラムが多く、働きながらでは難しいですが、専門学校として、国の認定を受けているため、学歴としてつくというメリットがあります。スクールは認定はありませんが、コースが様々分かれており、自分にあったコースを選べます。仕事に就きながら夜間コースに通う等多様性があります。コースが選べるため、費用にもちがいがでます。声優本人が行っているスクールもありますので、その場合は直接の指導を受けることができます。養成所は事務所が直接運営しています。声優として働き始めると、事務所に所属していることで、オーディションを受けやすい環境となります。声優として働き始めるときには良いですが、元々のスキルをある程度求められることになります。劇団にいた、アイドルをしていた、などスキルがあり、入りたい事務所が決まっている場合などに入学を検討するのがよいでしょう。それぞれによい部分があり、声優への道標となっています。初心者は専門学校、ある程度のスキルがある場合はスクールや養成所に入るのが良いでしょう。