ゲームクリエイターになるには学校へゴー【人脈作りにも役立ちます】

記事一覧

必要なスキルを身につける

ゲームをする人

自分に合う企業選びをする

現在、家庭用ゲーム以外にもスマホを利用したソーシャルゲームなどゲームの幅が広がっています。企画や開発などゲームの作成に関わることのできるゲームクリエイターは人気の職種です。ゲームクリエイターになるには、気をつけるべきポイントがあります。ゲームクリエイターになるために必要な資格の指定はありません。しかし、ゲームクリエイターになるには仕事に必要なスキルを持っていることが重要となります。ゲームのデザインやイラストレーターとして活躍したい場合には、PhotoshopやIllustratorなどの知識が必要となります。PhotoshopやIllustratorにはクリエイター認定試験があります。これらの認定資格を持っていれば、ゲームクリエイターになるための大きなアピールポイントとなります。ゲームクリエイターになるには、仕事に就いてからスムーズに作業に取り組めるスキルを前もって取得しておくことが大切です。ゲームを扱う企業には、実際にゲームの開発を行う企業や既存のゲームの運用をしている企業など仕事内容に違いがあります。そのため、自分の希望する仕事を行っている企業を見極める必要があるのです。採用する企業側も、自社の事業内容に合ったゲームクリエーターを必要としています。志望する側と企業間で相違が生じていては、ミスマッチな採用となってしまいます。自分の希望する仕事ができるゲームクリエイターになるには、事前に企業などを詳しく調べて準備を行うことが大切です。