健康サプリメントの現状と正しい服用方法を解説

健康サプリメントについて正しく理解

サプリメントは薬?

一般的には、健康サプリメントは薬の一部としてとらえられているようですが、薬事法においては医薬品として分類されていません。市販されている健康サプリメントの多くは健康補助食品であり、それ以外の一部が医薬部外品として位置づけられている、という状況になっています。医薬部外品とは、成分は異なるものの医薬品とほぼ同程度の効果と安全性が実証されている製品のことで、薬局やドラッグストアで処方箋なしで購入することができます。一方、健康補助食品には薬としての効果は認められないものの、健康増進に役立つ有効成分が豊富に含まれているという意味で、医薬部外品と同じように全国の薬局、ドラッグストアで入手することができます。健康サプリメントは医薬品ではないため、医療機関を受診しても処方されませんが、その効果と服用方法について薬剤師などに相談することは可能です。

健康サプリメントのおもな種類

日本国内で市販されている健康サプリメントにはいくつかの種類があり、配合されている有効成分によって効果が変わってきますので注意が必要です。健康サプリメントの効果としては、栄養補給、滋養強壮、体質改善があり、それぞれに対応するサプリメントの種類が変わってきますのであらかじめ把握しておきましょう。栄養補給用サプリメントの多くはビタミン剤であり、ビタミンC、ビタミンB1など、現代人の暮らしの中で不足しがちな栄養素を短時間のうちに効率よく補給するのに最適です。滋養強壮とはつまり疲れにくくする、ということで、亜鉛やビタミンB群など、精力を維持するのに効果的な成分が凝縮されています。健康サプリメントの購入時には必ずパッケージ側面の成分表示を確認し、現状に即したタイプを選びましょう。