ゲームクリエイターになるには学校へゴー【人脈作りにも役立ちます】

記事一覧

マイク

声を仕事としていく

声優になりたいと思ったら、専門学校に行くと基礎から学ぶことができて心強いです。通おうと思っている専門学校の卒業後の進路などを調べて、「卒業した後」のこともしっかりと考えてから学校に通うと、より自分に合った勉強ができるのではないでしょうか。

早道はゲームの専門学校

ゲーム

即戦力を目指す

1970年代に家庭用ゲーム機が出始めたことに、端を発して以降子供から大人までも魅了するゲームソフトが販売され市場は拡大されてきました。それに呼応するようにゲーム業界には、個人がたちあげた会社や大手企業も参入し今では一大市場を築いています。ゲームソフトを製作するにあたって、必要となるのは優秀なゲームクリエイターなので、どこの会社でも育成と確保することを努めているのです。例えばゲーム業界の現場で実際に仕事をしている業界人を、講師として招聘している専門学校は多くあるので、ゲームクリエイターになるにはおすすめです。もちろん専門学校に通わなくても、チャンスはありますが早い段階でゲームクリエイターになるには、ゲーム製作に特化した学校にはかないません。ゲームクリエイターの仕事自体は明確な分別はなく、コンピュータゲームに関わる関係者全般に使われる呼称です。ゲームソフトを一人で製作するのは難しいので、複数の人間が関わるグループでおこなわれるのが一般的になります。つまりはゲームソフトは開発から製作終了まで、複数の人間同士が長時間一緒に居続けることになるのです。したがってゲームクリエイターになるには、ゲーム製作に必要なスキルとある程度のコミュニケーション能力が求められます。この両方を身に着けることができるのが、ゲーム製作の専門学校なのでゲームクリエイターになるには最速で踏み出すことができるのです。またゲーム製作の専門学校を卒業した先輩が業界には多く存在しているので、人脈作りにも役立ちます。

ゲームをする人

必要なスキルを身につける

ゲームクリエイターになるには、仕事に必要なスキルの習得と自分の希望する仕事内容に合う企業選びに気をつけることが大切です。PhotoshopやIllustratorなどは実務の際に有効なスキルです。認定試験を受けるなどしてスキルアップを図れば、採用試験の際に大きな強みとなります。

女性

声の世界で働こう

アニメやナレーターなどで声を出す仕事を声優といいます。声優になりたい人の為に、専門学校があります。専門学校は国の基準を満たした学校となります。そこでは声優になる為の様々なレッスンを行っています。それぞれのカリキュラムが違いますので、自分のなりたいビジョンにあった学校を選ぶと良いでしょう。

パソコンを操作する人

専門学校が一番の近道

ゲームクリエイターになるには専門学校に通うことが一番の近道と言えるでしょう。基礎からしっかり学べます。また、ゲームクリエイターとして活躍している人に弟子入りするというのも良い方法です。実践を学べる一番の方法です。

女性

声の仕事に就こう

アニメや映画の吹き替えをする職業を声優といいます。声優になる為の第一歩として専門学校、スクール、養成所などがあります。初心者には、技術や知識を学べる専門学校がオススメです。元々の技術などを持っている人には、スクールや養成所がオススメです。それぞれによい部分があり、自分にあう学校を選ぶことが大切です。